2008年11月30日

緑の靴カード

QUOカード

「GREENSHOES CARD」というカードをご存じでしょうか?
恥ずかしながら、最近まで知りませんでした...

続きを読む

posted by しあわせ環境創作室 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

湿度計は必需品だが...

室長の松@雨の会津です。
本日はこれから雪になる予報がでています。

さて、寒い地方はこれから「結露」との戦いとなります。
現在主流となっているアルミ・樹脂複合サッシ+LowEペアガラス
という組み合わせになってから、結露問題は少なくなってきてはいますが、
断熱性能が高いといわれているアルミ・樹脂複合サッシ+LowEペアガラス
の組み合わせでも、「結露は発生しません」とは言えません。

続きを読む

posted by しあわせ環境創作室 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 「家」について思うこと... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

ヒット商品番付...横綱なし!

ヒット商品番付2008

SMBC版ヒット商品番付が発表された。

なんと今年は「横綱不在」となった。
確かに昨年の「Wii」、一昨年の「ニンテンドウDS」
などを考えると、今年大ヒットした商品はないのかも知れない。

単に景気が冷え込んでいるだけなのだろうか?

私は、建築会社に勤めている。
物とサービスを提供する側だ。
景気が低迷しているから物が売れないのか?
魅力的なものがないから物が売れず、景気が低迷しているのか?

マクロ経済的にいうと「景気低迷で買いひかえ」なのだろうが、
そこに理由をもっていくと、解決策がない。

「もっと魅力的な商品を作れ」と市場が言っている結果が横綱不在なのだと考えたい。

今まで以上に来年がどうなるのか全くわからない。

だが、せめて、年末にヒット商品番付が楽しみになるような世の中になって欲しいと思う。
posted by しあわせ環境創作室 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラウザに悩む

ブラウザに悩む

これをご覧になっている方は、何らかのブラウザを使ってられると思いますが、
皆さんはどんなブラウザを使用されてますか?

私は、半年ほど前まで、当然のようにIEを使っていました。

IEが7にバージョンアップしたときも、何も考えずにバージョンアップしたのですが、
IMEとの相性が悪いようで....
というか、私が、いまどき珍しく日本語はかな入力でして、
どうもそれとの相性の問題のようなのですが、IE7は調子悪い。

で、半年ほど前からFirefoxも使っているのですが...
しばらくは調子良かったのですが、最近PDFへリンクされている場合
フリーズすることが多い。

さて、困った。

今度はGooglが作ったブラウザを試すしかないのかな〜
posted by しあわせ環境創作室 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霧の会津

霧の会津

「霧のロンドン」というとロマンチックなイメージだが、
「霧の会津」は...少々厄介です。

本日も相当に濃い霧がたちこめています。

湿気を含んだ空気が放射冷却などで冷やされると霧が発生するようです。
確かに、霧が発生した日は霧が晴れるとともに太陽が顔を出すケースが多いです。

ですから、本日もこれから晴れることも期待できるわけですが、

ただ、目覚めと太陽には密接な関係があり、目覚めたらまず太陽光をあびる
というのが頭をシャキッとさせるには良いらしい。

会津の冬は、
晴れが予想される日は、放射冷却現象などにより霧が発生し、
その他の日は曇りや雪の日となってしまう。
朝から太陽がさんさんと降り注ぐ日というのは本当に少ない。

なので、当家の目覚ましは入れたてのレギュラー・コーヒーです。
posted by しあわせ環境創作室 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

地方の力

工業デザイナーの世界に奥山清行さんという方がおられる。
なんとあの「フェラーリー」をデザインしたこともある方です。
しかも、創業55年を記念したモデル「エンツォ・フェラーリー」
をデザインしたそうです。

このフェラーリーをデザインしたときの話も面白そうなのですが、
この奥山さんは山形県出身で、地方発のデザインで世界を相手に
しようとしている。

産経新聞の記事より
「イタリアでは地方ごとに強烈なアイデンティティーがある。
たとえばモデナ地方の『フェラーリー』やフィレンツェの『グッチ』。
もとは地方の中小企業だけど世界を相手にしている。
残念ながら日本では世界的に知られているのは東京の大企業だけ。
職人技が地方にはゴロゴロと埋れていた。」

日本の地方にも優良な企業は沢山あるし、それこそ「職人」という
人たちが生き残っているとすると地方だと思う。

私たちの会社も『会津』という田舎に本社があり、東京に支店がある。

もっと「地方の力」というものを出していかなければならないのだろうと
日々考えています。

ただ、その力の出し方が...分らん!
posted by しあわせ環境創作室 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

住まい教室08

住まい教室08/11/24

本日は「住まい教室」を開催しました。
資金編ということで、お金の話を中心に考えてみました。

続きを読む

posted by しあわせ環境創作室 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「しあわせ」についての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

B級グルメ

ラーメンバーガー

ラーメンバーガー?

喜多方在住者であるが、恥ずかしながら知らなかった...
喜多方に「ラーメンバーガー」なるものが存在していることを。

今「B級グルメ」が流行っているそうな...
何を持ってB級というのか、微妙なところであるが、
ラーメンそのものもB級らしい。

ということは、そもそも喜多方ラーメン自体がB級グルメ?
もともとB級グルメの聖地ともいえなくもないか。

旅の楽しみの一つが、その土地の食べ物。
喜多方も休日の昼間などは、ラーメンマップ片手に歩いている人を
よく見かけます。
それに新しい味が加わるというのは、よいことなのだろう。


そういえば、20年前に住んでいた群馬県太田市にも
B級グルメとして「焼きソバ」があるらしい...
記憶にない。そんなに焼ソバ店があったっけ?

B級グルメを食べつくす旅というのも面白そうだ。

ちなみにB級といえば「映画」もいい。

さすがに映画館で見ようとは思わないが...
B級のSF映画などは、最高に面白い。
posted by しあわせ環境創作室 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

自家用ジェットで借金のお願い。

"自家用ジェット機"
なんとも、夢を感じさせる言葉ですね。

日本で成功者のステータスシンボルって何なのでしょうか?
豪邸ですかね。それとも、高級車?

若年層の車離れがニュースになったのも記憶に新しい。

ステータスシンボルっていうか、簡単にいうと
「あれが欲しいから俺は頑張って働くんだ!!」
というのは、モチベーションの維持にはよいことだと思う。

実際、私も来年車検が切れる車の買い替えなどを視野に入れながら
日夜働いている。
「絶対に、ハイブリッド車を買うぞ!!」とか。

昨日のニュースを見て、どうにもならないな〜と思ったのが
アメリカのビッグ3が議会に大して借金をお願いしに行ったときのやり取り。
なんと3人が3人とも、自家用ジェットで乗り付けたらしい。

さすがに議会でも
「せめてファーストクラスで来ようとは思わなかったのか」
と攻められていた。

そういえば、先日逮捕された日本のミュージックシーンで一世を風靡した
音楽プロデューサーが、カネないのに、スィートに泊まっていたらしい。

一度手に入れた成功は、それがすでに"普通の生活"になってしまうのだろうか?

借金の申し込みに自家用ジェットで乗り付けるような経営者に、
いくら公的資金をつぎ込んでも駄目だろうね。

本当に、アメリカの時代は終焉を迎えるような気がしてきた。
20年前、自動車業界に居た頃は、「ビッグ3」なんてクモの上の存在だったのだが...
posted by しあわせ環境創作室 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

モノトーンの世界

08初雪1

ついに来ました、冬将軍!

例年なら、一発目はチラチラと舞う程度なのですが、
今年は、初雪から積もりました。

続きを読む

posted by しあわせ環境創作室 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

「ふくらむ家」

昨日までDM&ポスティングの準備に追われていた、
ばんだい東洋建設が提供する新しいシリーズが
「ふくらむ家」
です。

詳細は、チラシなどをみていただきたいのですが、
簡単に言うと「夢、ふくらむ家づくり」ということになります。

家の設計って、その他工業製品の設計と明らかに違う難しさがある。
それは、「施主」の存在。

提供側が「これはいい!!」と思っているデザインであっても、
施主側の完成とマッチしてしなければ、決していい家とはいえない。

だが、コンセプトを示すということには意味があると思う。

家づくりを決意したものの、何から初めてよいのか分らない
という方にとって、「こんな家づくりはどうですか」
という思いも入っている。

だから、単純に「こんなに豪華装備で、こんなに安い」
というようなチラシではないので...他のチラシとは違う雰囲気です。

興味のある方は、ぜひ資料請求してください。
posted by しあわせ環境創作室 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 「家」について思うこと... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

DM発送準備中

今日は楽しい、楽しい日曜日!
みなさん、いかがお過ごしですか?

全国的に天候は思わしくなく...
お疲れのお父様にしてみれば、
大手を振って、家出ゴロゴロできますね。

私は?
あれ、会社にいます?
なぜだろう...涙

続きを読む

posted by しあわせ環境創作室 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

今日は何の日?

今日は非常に大切な日である。
みなさん、ご存じだろうか...

建築工事になくてはならない「生コンクリート」。
なんと、今日はその「生コンクリートの日」なのである。

いゃーメデタイ、メデタイ....

って、
最近「なんとかの日」ってのが多いですね。

ちなみに11/15は
・生コンクリートの日
・きものの日
・かまぼこの日
・こんぶの日
・いい遺言の日
などなど

で「生コンクリートの日」であるが、
あるサイトによると
「全国生コンリート工業組合連合会が制定。
1949年、生コンクリートが初めて市場に出荷された。」
とある。フムフム。

よく語呂合わせなどで記念日を制定する場合がありますが、
生コンクリートの場合、初出荷の日ということで、「誕生日型」。

さて、では具体的に「生コンクリートの日」を祝って何をするのだろう?

と思って「全国生コンクリート工業組合連合会」のホームページを見てみた。
・・・・・・・・・・
何かそれらしき情報がない。

気を取り直して先の連合会のページからリンクを貼ってある
「全国生コン青年部協議会」のページを見てみた。
「青年部」である。
もちろんお祭り騒ぎは大好きなはず。
どこか、都会の大通りでトラミキを何十台も行列で横断幕を貼って走っていることだろう。
・・・・・・・・・・
こちらにも何も情報がない。

この「生コンの日」という情報は、朝の通勤時のFMラジオで知った。
運転中ではあったが、思わず笑ってしまった。
そんな日まで制定したのかと....

でも、結局何もやってないのね....残念。

全国生コンクリート工業組合連合会のの皆さん。
来年は何かやりましょうよ....
posted by しあわせ環境創作室 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

地域材の生かし方

昨日は久しぶりに「講演会」にでかけました。

講演会1

「講演会」って以外に私は好きで、
機会があれば色々なところに出かけたいと
常々おもっております。

何かの発表資料やなどは、ネットで検索したり、
出版物を読んだりすれば、大抵のものは手にはいります。
ところが、講演会のように生身の人間が目の前で語るとき
そこには決して活字にはできないその人のオーラというか
雰囲気が感じられ、見え隠れする本音などが面白い。

今回の講演会は2本立てでした。
最初が「木造住宅の構造材への地域材利用」という題で、
宮崎県の方がわざわざ福島まで来て講演してくださいました。
事例の発表なども面白かったのですが、
最後の質疑応答のなかで、
「なぜ宮崎県ではここまでできたのですか」というような
質問がでた。
思わず講演者から本音が
「やらざる負えないところまで追い込まれていた」
ようするに、林業の再生をしなければ、本当にやばいところまで
追い込まれていた。のだそうだ。

よく企業の業績でも「V字回復」なんて言葉をきくが、
あの原動力もそう「やるしかないところまできている。」
そういう危機感が人間の力を何倍にもするのだろう。

講演会2

さて、2題目が
「大手住宅メーカーに対抗できる住宅づくり」
少々タイトルと内容が食い違っているようにも感じたが、
講演者の山形県金山町で設計活動されている建築士の方の
人間性が感じられた。

両講演で感じたことは、
これだけ「インターネット」が普及し、色々な情報が世の中を飛び交っている
のだが、最終的に重要になるのは人と人のネットワーク。

先の宮崎県の事例でも、行政と民間とか事あるごとに会合を開き、
決めるべきことをきめ、やるべきことをやった。

山形県金山町の事例でも、
最初は町長の発案だったかもしれないが、
キレイな街づくりをしていく上で、一番重要なのはそこで生活するひと。
その主役を見過ごすことなく、上手に輪に取り込んでいるようにかんじた。

私たちは、建物を提供する側の人間であり、ともすると、
その建物を利用する人たちのことを忘れがちであり、
むりやり私たちの考えを押し付けてしまうことがある。

そうではなく、本当の主役は誰なのかを忘れることなく
上手にネットワークを作ることができれば、
これからの時代も生き残っていけるのだろう。


にしても、暖房が効きすぎで....睡魔との闘いは拷問に近かった。
司会者も少々喋りすぎで....もう少し、裏方に頑張ってもらいたい。
posted by しあわせ環境創作室 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

宝くじも販売不振だそうだ。

なんとか、無理やり上昇気流を起そうとしていたところに、
「サブプライム」だの「リーマンショック」だの
.....

いまや、すべてのものが右肩下がりであるが、なんと「不況に強い」と
いわれる宝くじまでもが右肩下がりだそうな。

よく「宝くじでも当たったら家を建てるか」というセリフをききますが、
その庶民の夢である「宝くじ」さえも節約しないければならない時代なのですね。

以前、某友人につれられて、遥々東京某チャンスセンターまで
本当に宝くじだけを買いにつれていかれたことがある。
もちろん、当の友人は相当な枚数を買っていった。
一番当たりがでるという窓口なので、長蛇の列。
数十分待ちで、私が買ったのは3枚だった。

もちろん、あたらなかった。

確率論的にいうと、宝くじの購入は明らかに「損」である。
あれに数万円も使うというのは、確かにお金の使い道としては問題ありだろう。
しかし、まぁ、抽選までの数日間は、夢がみれるのだから、数千円であれば
問題ないであろう。

外れた場合も、その収益金は公共事業に使われるということだし...

ということで、今年最後の運だめし「年末ジャンボ」が11/25から発売です。

ことはは何枚買うかな〜。
posted by しあわせ環境創作室 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

お風呂には誰と入りますか?

一日の疲れを癒す場として重要な場。

そのお風呂にみなさんは誰と入りますか?

11月26日は「いい風呂の日」なのだそうだ。
この日を前にお風呂など水回りやタイルを作っているINAXが
「日本人の入浴に関する調査」
というものを実施した。
なかなか面白い結果がでたようだ。

なんと、実際には1人で入浴している人が9割もいる。
...浴室はもっと狭くてもよいのか?
たいてい、家族で入ることも想定して浴室の広さを決めたりするのだが。

でさらに面白い結果が「お父さん」の入浴パターン。
小学生以下の子供さんがいる家庭の場合、
お父さんの45.6%が子供と入ることを望んでおり、
さらに、平日でも子供とお風呂に入っている人が52.0%
休日になるとなんとお父さんの73.5%が子供とお風呂に入っている。
レポートにも
「...普段子供と接する機会が少ない父親にとっては、
休日のバスタイムが、子供との大切なふれあいの時間になっていることが
うかがえます。」
やはり、風呂は大きめがよさそうである。

一人で入浴する理由として「リラックスしたいから」というのが高い割合である。
やはり、浴室はそのような空間なのだろう。

よりリラックスできる方法はないものか?

私は「音楽」をオススメする。

ユニットバスのカタログを見ると色々とオプションがあるが、
そのなかで、TVを浴室にセットされてる方もおられると思う。
どちらかといえば、早風呂の私にしてみれば、浴室にTVをつけたい気持ちも分らなくもない。
しかし、リラックス空間としての浴室と考えるならば、TVよりは
単なるスピーカーだけにして、お気に入りの音楽をかけるほうがよいと思う。

私は、夜お風呂に入るときは少しゆったりしたテンポのJAZZをかけて入ることが多い。
また、何か勝負をかけるときの朝は、B'zなどのテンションがあがる音楽をききながらシャワーを
あびることか多い。

ipodなどの携帯音楽プレーヤーを浴室に持ち込むためのアイテムは色々とあるので、
ぜひお試しあれ。

で、当家は誰とお風呂に入っているかって....
もちろん、時間さえ合えば家族で一緒に入っていますよ!
だって、その方が灯油の消費が少ないから。

INAXが発表したニュースリリース
「日本人の入浴に関する調査」
posted by しあわせ環境創作室 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「家」について思うこと... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタショック

あの、「一人勝ち」のような状態であったトヨタもついに...

なんと営業利益が73.6%減である。
73.6って言うと約3/4!!
額にして1兆円!!!!!

すでに私の金銭感覚外なので、それがどういう意味を持つのかわかりません。
すでに、派遣社員関係から影響が出始めているようで....

さて、アメリカは新たな選択をしました。

この日本は、これからどういう選択をしていかなければならないのでしょうか?
posted by しあわせ環境創作室 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

怪しい電話

会社として色々なところに電話番号やFAX番号、
メールアドレスなどが露出しているため、
怪しい売り込みが多々ある。

大抵はFAXなのだが、最近多いのは「車の買取」
まぁ、これは決して「怪しい」とは言えないのだが
以前は「電話」。

さて、本日、久しぶりに「節電機器」の売り込みがあった。
詐欺とまではいえないのだろうが、怪しい製品。

こんなやり取りだった....

(怪)「東北??保安??協会のものですが、来週動力の検査に伺いたいのですが、
ご都合のよい日はありますか?」
と有りそうな無さそうな名前をなのって電話してきました。
その電話してきた人の後ろでガヤガヤうるさい。
よくあるテレフォンアポインターだと直ぐに分った。

(私)「都合のよい日と言っても....」
(怪)「来週の?曜日ころは、全部の機械が動いてますか?」
(私)「全部って言われても、どこからどこまで?」
(怪)「ですから、動力を使われている機械全部ですよ」
(私)「だから、全部って言われても、どれが動力で、どれが動力でないか分らないし...」

どうも怪しいので、少々話しを引き伸ばしにかかってみた。

(怪)「分る人はいないのですか?」
(私)「そういう関係は私が担当しています。」
とここでいきなり切れてしまった。

で、直ぐに近くの電気保安協会に電話してみたら、
「当方では一切そういう連絡や検査には伺いません」
とのことだった。

そのあと、もう一度かかってこないかと手ぐすね引いて待っていたのだが、かかってこなかった。

保安協会の人曰く
「おそらく省エネ装置の売り込みではないか....」

なるほど、昔あった。
「??王」ってやつ。
懐かしいものがまた出てきたようです。
あれの効果は定かではなく...皆様ご注意あれ。
posted by しあわせ環境創作室 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅かったか...紅葉

先日、平日だったのですがお休みを頂、紅葉を見に行ってきました。
会津の紅葉といえば磐梯山です。

荒々しい磐梯山

続きを読む

posted by しあわせ環境創作室 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

秋の味覚

身不知柿

会津の秋の味覚といえば

ズバリ「身不知柿(みしらずがき)」です。
今、会津地方にドライブにこられると、
あちこちで「柿」を販売しているのを目にすることでしょう。

もともと、会津の柿は渋柿系で、
木になっているものをそのまま食そうとすると...後悔します。
私も、そのまま食べたことはないので、聞いた話ですが、
単に渋いだけでなく、うがいしても何しても、一日中口の中が渋いらしいです。

ところが、この渋柿を上手に渋抜きすると、
上品な甘さの果物になるのだから不思議です。

人工的な味覚になれてしまった私の口には、あまりにも上品過ぎますが。
「和の甘さ」という感じがして、たまにはよいものです。

さて、この「身不知(みしらず)」という名の由来ですが、
諸説あるようです。
曰く「実が付きすぎて、自分で枝を折ってしまう」
曰く「あまりの美味しさに我を忘れてしまう」
曰く「『こんなに美味しい柿を我は知らない』と殿様が言った」
・・・・・・

さて、あなたはどれが本当の説だとおもいますか?
posted by しあわせ環境創作室 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。